楽天のお名前シール工場で算数セットの名前つけも楽々!

各地で桜の便りが届いていますね!桜が咲くころと言えば入学シーズン!
新しい生活に向けて色々と準備が進んでいるご家庭も多いと思います。

準備と言えば入学前の名前つけ!細かい作業が大好き!という方ももちろんいらっしゃると思いますが、私はとて~も!!苦手な作業です。
今年度、末っ子が小学校に入学しますが持ち物すべてに名前を付けなければならず、ランドセル、自由帳、各教科のノート、教科書、はさみやのり等の用品、体操着や赤白帽子、鉛筆、消しゴム、クレパスや色鉛筆(箱はもちろん一本一本にも名前必須!)
特に【算数セット】がとにかく大変で、お名前つけが終わる気配がないまま、春休みが終わろうとしています。。。

◆算数セットの名前つけは本当に大変!

算数セットの名前つけ何が大変かというと何よりもこの量!!
各地域や年代で内容も異なるそうですが、我が家が今回付けたものは
各学習シート・・・10枚
形の積み木・・・5個
とけい・・・1個
かたち(色板)・・・12枚
かずのブロック・・・35個(シートや専用トレイ含)
数字カード・・・69枚
さいころ・・・1個
計算カード・・・180枚
おはじき・・・30個
数え棒・・・100本(シート含む)
改めて数を数えてびっくりしましたが、トータル450個くらいの名前を付けなければならないようです。
そのすべてが細かく小さく名前を書くのはもちろん大変だし、
プラスチックや鉄板、紙もコーティング加工済なので、スタンプを押しても乾きにくい素材ばかりで乾くまでとても時間がかかります。
もちろん、上記はあくまで算数セットのみ!他にも教科書、ノートはもちろん、
鉛筆の道具類や、色鉛筆、クレヨン等々number入学前の名前つけは膨大な数になります。
だから、早く、きれいで簡単に名前つけが完了するお名前シールが一番おすすめなんです!

◆まだ間に合う!2営業日発送!!

名前つけは名前シールが簡単早いことは分かったけれども、入学式がもう明日に迫ってる!っていうご家庭も安心です。
お名前シール工場さんなら2営業日で発送をしてくれるので、どうしても2~3日中に必要!というものは手書き等で対応しておけば大丈夫!(入学後すぐ必要な物は名前を付けるのも楽なものが多いです)
我が家も算数セットまだ名前つけ終わってませんが、『学校に持ってきてください』と言われるまでに間に合えばいいやと、お名前シールが届くまで保留にしています。
特に小学生は、入学して次の日から即授業というところは少ないはずなので、十分間に合うはずです。

◆摩擦や水に強いから安心して使える

また、いくら名前つけが楽でも、シールが水や摩擦に弱くすぐにダメになってしまっては話になりません。
以前、お手軽な手書きで名前を書き、上から透明なシールで保護できる名前つけシールを購入しましたが、数回洗っただけで文字がにじんでしまい判別不能に。
めんどくさがって油性ペンで直接書いたものは、すぐに摩擦や水で名前が消えて読めなくなってしまいました。
名前がきちんと書かれていないと、なくしたものが戻ってこなかったり、名前つけの為に自宅に持ち帰らなければならなくなったりと親も子どもも大変なことがたくさん出てきます。

お名前工場のお名前シールであれば摩擦や水に強い加工がしていあるので、安心して使うことができますし、油性ペンで書いたように気が付いたら名前が消えていたということもありません。

◆お名前シール工場は名前つけの強い味方!

お名前シールは細かい名前つけが多い入学時にとても頼れることがわかっていただけたと思います。
でも、
『うちはもう終わってるからお名前シールなんて関係ないわ!』
『算数セットもそれほど種類がないから買っても余らせてもったいない!』
と言うしっかりしたご家庭も、たくさんあると思います。

でもでも、名前つけって入学前だけじゃないんです。
鉛筆や消しゴムの消耗品はもちろん新しいもをおろすたびに名前つけが必要です。
授業が進めば、絵の具セットや書道セット、水性、油性のサインペンを持ってくるように言われることもあります。
もちろんこういったすべてのものに一つ一つ名前を付けなければいけません。

お名前シールが1シートあれば、大抵のもに名前を簡単に付けることができます。
選べるデザインが豊富にあるので、きらきら可愛いものが好きな子も、かっこいいデザインが好きな子も、シンプル好きな子も満足できるお名前シールができます。
まだ、自分の名前が読めない年齢でも、デザインがわかれば自分の持ち物だとわかるので、なくしたりお友だちのものと取り違える可能性も低くなります。

お名前シール工場のお名前シール4/16の9:59までポイント20倍!!

本当におすすめなので興味がある方は一度使ってみてください!!

◆関連商品一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする