紫外線対策に日傘の選び方は?100パーセントカットがおすすめ!

紫外線対策に日傘が活躍する時期ですね!
帽子やサングラス、アームカバー等もおすすめですが、夏の暑い日差しを防いでくれるのは何といっても日傘です。
暑い季節は欠かさず使っている方も多いと思いますが、今使っている日傘はどんなふうに選びましたか??
適当なお店で買ったもの??専門店でおすすめされて選んだもの??

日傘にも紫外線対策になる日傘、気休めにしかならない日傘があるんです。
選ぶポイントは100パーセントカット!
今持っている日傘大丈夫かな?今年買い替えだけどどんな日傘を選べばいいかわからない。。。

そんな日傘選びに困った人必見!
正しい日傘の選び方、おすすめの日傘までしっかりご紹介します。

紫外線に負けない日傘の選び方は?

紫外線に負けない日傘ってどんな日傘でしょう??
日傘なんだから紫外線には強いでしょ!と考えがちですが、日傘って本当に素材や作り、紫外線を防ぐ加工や遮光など、お店やメーカによって全然違うんです。
紫外線の強い時期にできるだけ快適に過ごすためにも妥協できない日傘の選び方おすすめポイントをご紹介します。

日傘の選び方おすすめポイントその1【色】

選び方のポイント、まずは色です。
開いたときに外側から見える模様や色はお好きなもので大丈夫ですが、内側の色は黒や紺など濃いめの色を選んでください。
暑いなかで黒の日傘は見た目がますます暑苦しくなりますが、濃い色は白などの淡い色に比べて紫外線を反射しないので、コンクリートやアスファルトから跳ね返った紫外線を吸収して、お肌に紫外線を届きにくくしてくれます。

反対に淡い色の場合は、跳ね返った紫外線をさらに跳ね返し、日傘に隠れているはずのお肌に紫外線が当たってしまうんです。
カラフルな日傘やおしゃれなボーダーの日傘など、この季節になると色々な日傘を見かけますが、内側の色は黒か紺と覚えておいてくださいね!

日傘の選び方おすすめポイントその2【深さのあるデザイン】

日傘の形って色々ありますが、開いたときにお皿のような浅いものより、
お椀のような深さのあるデザインを選んでください。

実は紫外線を防ぐ効果のある日傘の正しい差し方は、目線の高さ位に深く差すことなんです。
深さのあるデザインであれば横からの乱反射してくる横からの紫外線をガードできるし、
目線の高さに差したときに頭の上に空間があった方が差しやすいです。

日傘の選び方おすすめポイントその3【折り畳み傘】

日傘の選び方ポイント、次は折り畳み傘です。
大きければ大きいほど肩や背中を覆ってくれるので、サイズが小さくなりがちな折り畳みの日傘ははあまり選ばないという人もいますが、
小さい分バッグに入れっぱなしにできるので、日傘を家に忘れたり出先でなくすことが少なくなります
例えば、出かけた先で日傘をなくしても、『無くしてショック』になっても、仕方ないからそこのお店で代わりの日傘を買おう!とはならないですよね?
日傘は、おしゃれのポイントにもなるものだし、たまたま通りがかったお店でポンっと買うものではないと思います。
そうすると、なくした傘が見つかるか、次の傘を買うまで日傘は差さないことになってしまいます。
これではいくら紫外線に気を付けていい傘を買ったとしても意味がありません。
だから、いつでもカバンにしまえて忘れることのない折り畳みの日傘が重要なんです。

日傘の選び方おすすめポイントその4【晴雨兼用】

次のポイントは晴雨兼用の傘であること。
日傘が必要な時期は、梅雨だったりゲリラ豪雨だったり何かと雨も多い時期です。
でも、紫外線はどんな天気でも地上まで降り注ぐんです。
曇りのときはピリピリとした暑さを感じないので、紫外線対策も怠りがちですが、実は曇りの日でも紫外線量は快晴の80%もあって、油断してるとあっという間にお肌にダメージが蓄積されてしまいます。
でも、雨が降ったと思ったら薄日が差したり、また降り始めたり、、、
こんな天気のときに日傘と雨傘を両方持っていく人ってまずいないですよね?。
そして、どちらかを持っていくとしたら、ほとんどの人か雨傘を選ぶと思います。
雨が降ってる間はいいですが、そのあと雨が上がったら、雨で汚れが落とされてきれいになった空気はさらに強力に紫外線を通してきます。
それなら、どんな天気でも差していられる晴雨兼用の日傘が一番いいですよね!

日傘の選び方おすすめポイントその5【素材そのものが遮光構造】

晴雨兼用の便利さは日傘の選び方4でも話しましたが、晴雨兼用の日傘を選ぶ時に気を付けてほしいのは、傘に使われる、素材そのものが遮光構造であること。
プチプラな日傘によくある紫外線加工というのは日傘の表面に紫外線吸収剤を付けて紫外線をカットしているのですが、紫外線加工のものは、雨に弱く濡れてしまうと加工そのものが流れ落ちて、だんだん紫外線が通るようになってしまうんです。
でも、素材そのものの構造で遮光していれば、雨で加工が流れ落ちることもなく、雨でも晴れでも破れない限り紫外線からお肌を守ってくれます。

同じ理由で、昔よくあった涼しげなレースの日傘や綿や麻の素材の日傘は、レースの穴や綿や麻の織の目の間から紫外線がバンバン入ってくるので、ほとんど日傘の機能を果たしません
見た目は涼しげで素敵なのですが、昔は紫外線が今ほど強くなかったこと、紫外線の怖さが知られていなかったことなどから、日光を遮れれば良かったころのデザインなのです。
ですから、レースや綿、麻素材の日傘はあまりおすすめできません。

紫外線を100パーセントカットする日傘

日傘の選び方おすすめポイントわかっていただけましたか?
紫外線を防ぐことはもちろん、防ぐ力が持続すること、常に携帯してどんな天気でも差せること、反射してきた紫外線を防ぐこと等どれも本当に大事な条件ですが、
さらに一番こだわってほしい日傘のおすすめ機能があります。
それは、遮光率100%の日傘であるということ。
遮光率100%の日傘は、紫外線はもちろん熱のもとになる光も通しにくいので、まぶしさや紫外線だけでなく暑さも防いでくれます。
だからお肌も身体もずっと楽に暑い時期に外に出ることができます。
紫外線90%以上カットします!という日傘が差してみると実はまぶしくて、日差しの暑さも感じることってないですか?
私が最初に買った日傘がまさにこれでした。見た目が重くなるのが嫌だったので明るいベージュの日傘を買ったのですが、紫外線カット率90%以上ですよ!とおすすめされたものの、まぶしいし暑いし。
よく遮光率99.9%と遮光率100%は、そんなに違うんですか?と聞かれることがありますが、
たとえ0.1%でもお肌に届けばその分影響があるくらい紫外線の影響は強力です。
遮光率99%と遮光率100%はですら全くの別物。90%以上なんて今考えれば気休めみたいなものでした。
遮光率が100%のなら紫外線や可視光線も100%カットしてくれるので、暑い季節も木陰を連れて歩るいているようなものです。

紫外線に負けない日傘のおすすめはこれ!

今までご紹介した【日傘の選び方おすすめポイント】このポイントを押さえたおすすめの日傘をご紹介しますね!

晴雨兼用 3段折りたたみ傘

この日傘は本当におすすめです!
日傘の選び方ポイントをすべて満たしていますし、折りたたみでもサイズが大きい方なので、肩や背中などもカバーしてくれます。
デイリーランキングでも常に上位にいる、人気の日傘です。
評価も★4.05と高得点です。

リピート3本目です。2本目を紛失してしまい、さすがに別のものしようかと思いましたが、これ以上の傘に出会えず。やっぱりこれにしてよかったです。
・いつも買おうとすると売り切れなので、今シーズンは早めに購入しました。涼しくて買ってよかったと思いました。
・ピンク×ブラックにしました。色もかわいいし、遮光バッチリでとっても涼しかったです。
・完全遮光のものは初めて購入しましたが、今までのものと比べてかなり涼しく感じます
・色はさんざん悩んでブラック×ベージュにしました。どんな洋服にも合うのでよかったです。
涼しさが他のお店の日傘と全く違うので毎シーズン買い足しています。
10年愛用していたこちらの日傘が壊れたので、再度購入です。10年前より進化している部分が多く使いやすいです。
・2本目のリピートです。1本目を3年以上つかいましたが、シミが増えることもなく信頼している日傘です
可愛くて涼しい日傘ならお出かけも楽しそうです。
日傘の生地がしっかりしている3段の折りたたみ日傘なので、畳みにくいと感じる人もいるようですが、きっちり畳まなくても途中で止めておけたり、付属のケースに入れることができるので、出先で慌てることはなさそうです。
カラーも豊富なので、ご自分のワードローブに合う1本を選んでください。

晴雨兼用 2段折りたたみ傘

こちらも、日傘の選び方のおすすめポイントを全て押さえた、フリルがかわいい晴雨兼用折りたたみ傘です。
2段の折りたたみなので、最初に紹介した折り畳みの日傘より、閉じるのが楽ですね!
口コミでも

この形がお気に入りです。以前購入した日傘が長いこと使っていましたがとうとう壊れてしまい悩んだものの、気に入ったこの形にしました。
・見た目がかわいいだけじゃなく、ちゃんと陽を遮ってくれます
・フリルがある分傘の先が人に当たりにくく感じます。見た目だけじゃなく、安全面でもフリルが役に立ってます
職場の人から褒められました。安いものと比べると本当に涼しいです。
・傘に全く透け感がなく、照り返しも防止してくれるので最強な日傘ですね!
日焼けも暑さも避けれています。かなり活用していますが、へたったりもせず丈夫です
外出時は必需品で、これがないと困るレベルです。
・遮光効果が抜群で、炎天下の場所取り時に使用しましたがダントツに涼しいです。
・傘を開くと広さも深さも確保できるので十分陰に入っていられます
傘の作りがとてもしっかりしています。夏の日差しに負けない自信が付きました。
・こちらの長日傘を使っていますが、旅行用に折り畳みを選びました。本当に日が当たらないので、これ以外考えられません
完全遮光の日傘を探して即購入!とっても気に入りました。今度は別のデザインのものを購入したいです。
素材も持ち手も高級感があります
このフリルがおすすめでかわいいのですが、ボリュームがある分小さいカバンには入れにくいようです。
普段のから大きいカバンの私のような方は心配いらないですが、荷物が少なめな方はサイズ確認を忘れないようにした方がいいですね!

晴雨兼用 2段折りたたみ傘

さわやかなボーダー柄のこの傘も100%完全遮光にで、安心して使える日傘です。
先に紹介した2種類の日傘に比べて傘の深みがあまりないタイプなのでそこは残念ですが、その分カジュアルな印象なので、デニムにTシャツ×パーカーのようなラフなスタイルでも持ちやすいのでおすすめです。
ボーだもさわやかで見ている方も涼しさを感じそうです。白っぽい色でも遮光100%というのはうれしいですよね!

最後に

日傘選びのおすすめポイントとおすすめの日傘を選んでご紹介しましたがどうでしたか?
紹介した傘はどれも芦屋ロサブランというお店の日傘です。
今回は使いやすさにこだわって折り畳みのみを紹介しましたが、もちろん長日傘も豊富にあります。
車での移動が多い方なんかは折り畳みよりも長日傘の方が利便性は高いですよね!

他にも、芦屋ロサブランは帽子やアームカバー、マスクなども完全遮光の商品が並ぶ、絶対に紫外線で焼きたくない人ご用達のお店です、毎年暑い時期になると注文が殺到し、品切れの商品が出てきてしまいます。
紫外線も日に日に厳しくなってきているので気になる商品があったら早めにお店をのぞいてみてくださいね!

◆関連商品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする