グリーカーテンの支柱は自立が楽!アーチと突っ張りもおすすめ!

もうすぐ暑い季節ですねー!
グリーンカーテンって設置していますか??エコだしエアコンの節約にもなると毎年話題ですが、
うまく育たなかったり、ちゃんと成長しなかったりしませんか??
自分たちで支柱やネットなどを買ってきて組んだものは、風にあおられたりしてすぐ倒れたり、
窓の方に傾いてきてシャッターの開け閉めが不便になってしまったり、ちゃんとグリーンカーテンを作るのは結構大変ですよね。
グリーンカーテンにならなない理由は、苗や育て方だけではありません。
育て方がちゃんとしていても、支柱が不安定だときちんと上まで伸びなかったり、葉っぱが充実しなかったりするんです。
去年の失敗を繰り返さずしっかりとしたグリーンカーテンを作るためにもしっかり支柱で支えて育ててくださいね!

グリーンカーテンの支柱は自立型が楽ですよ!

グリーンカーテンの支柱は自立型が一番楽です!
しっかり自立するするので、狭い空間でも設置ができます
マンションのベランダや限られた空間をおしゃれに演出することもできます。
プランターで朝顔やゴーヤなどのグリーンカーテンを育てることができるので、万が一別の場所に移動したくなっても、簡単に目的の場所に移すことができます。

置くだけ簡単自立型

見た目ががスマートでおしゃれなので設置するだけでグリーンカーテンが育つ前からお庭が素敵になります
しっかりした素材でできているので、オフシーズンはハンギングをしてお花を楽しむことができますよ。
ただし、高さは190cmくらいなので必要な高さを確認してから購入してください。

こちらも自立型です。アジャスターがついているので、お庭に設置も簡単。
プランターを置くだけなので面倒くさい固定などの作業もありません。
こちらも土はプランターで用意できるのでベランダや玄関回りなどにも設置ができるので、目隠しにも利用できます

グリーンカーテンが簡単にできる自立型

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイアングリーンカーテン プランター台付き G66413
価格:15610円(税込、送料別) (2020/11/30時点)

自立型のなかで一番おすすめなのがこちらです、斜めになっているので夏の高い日差しも遮ることができます。
自立型全般に言えることですが、素材がアイアンなどでとてもしっかり作られているので、風に強く育てている朝顔などのグリーンカーテンがしっかり育ちます。
グリーンカーテンを育てるコツはいろいろありますが、ネットを支柱で支えしっかり張るというのがあります。
ネットがゆらゆらと不安定だと、植物も安心して弦をのばしたり、葉を広げることができません。
自立型ならゆらゆらすることはなく『ここは安心できることろだ』としっかり植物が絡むことができるので、よりよいグリーンカーテンを育てることができます。

グリーンカーテンの支柱がアーチなら真夏でも節電!

アーチ型の支柱も人気が高いですよね!
窓の上までグリーンが届くので、日陰もしっかりできますし窓との間に空間もできるので、その空間を涼しい風が通るので室内もとてもさわやかになります。

アイアン製でおしゃれなアーチ型

このアーチ型の支柱は、パーツを変えることで土にしっかり差して固定することも、プランターを置いてベランダやウッドデッキに設置したりできる支柱です。
3分割に分解もできるので、オフシーズンはしまっておくこともできます。

設置もグリーンカーテンの誘引も簡単

アーチ型の支柱のフェンス部分が10cm×10cmと広く、ツルの誘因が楽にで着たりキュウリやゴーヤが実るのも邪魔しません。
軽くて簡単に組み立てもできるので、女性でも設置が楽にできますよ!

こちらは口コミの評価も高くて★4.32!

組み立てやすい
・高さがあっても女性でも組み立てられました。
・想像以上に組み立てが簡単で、見た目もおしゃれです
・バラの誘引用に購入しました、私一人で組み立てできました。
・妊婦の私が一人で楽に組み立てることができました。
・説明書を見ながら女性でも広地で組み立てることができました!
・ねじを使うのは上部だけで後は差し込んでいくだけ!

デザインがおしゃれ
・とてもきれいでモダンな感じ。グリーンカーテンが育つ前から可愛いです。
・予定のツルバラには小さかったですが、それでもかわいく見えて満足です。
・形がおしゃれでとても気に入ってます。
・庭に設置したらピッタリ!追加で購入しました。

こちらの商品はねじなどが少しさびやすいようです。使用には問題ないようですが、気にある方は事前にさび止めを塗った方が安心ですね。
さびやすいと口コミされた方も、トータルではとても気に入っている。さらに買い足したとリピートされている方もたくさんいました!

グリーンカーテンの支柱アーチ型の決定版

しっかり組み立てれば、葉がたくさん茂るものや、実がたくさんなる植物におすすめのアーチの支柱です。
パーツは多いですが組み立てもそれほど難しくないです。作業スペースが必要なのでどこで組み立てる考えてからの購入をおすすめします。

庭にピッタリでグリーンカーテンになるのが楽しみです。
組み立ては一人で簡単にできました
・メロン用に設置しました。大きさピッタリで楽しみです。
・しっかりしているので台風などでの破損の心配もなさそうです。
台風で倒れることもなく朝顔のグリーンカーテンができました。
・夏の日よけ対策に購入しました。高さの調節ができるのでピッタリに設置できていいです。
・朝顔の支柱として購入しました息子と二人で30分くらいで組み立てができました
・以前のものは窓にピッタリくっつくので圧迫感がありましたが、これは適度に空間があくので風も通るしとても気に入っています。
・ゴーヤを育てて言います。オフシーズンにばらしてしまえるのがいいです。

こちらは地面に埋める部分が短いので台風などで強い風が吹くとがたがた揺れたり倒れてしまうこともあるようです。しっかり足元と上の部分を固定すれば問題ないので、しっかり設置してくださいね!

グリーンカーテンの支柱は突っ張りタイプでしっかり固定

グリーンカーテンの支柱の突っ張りタイプならマンションのベランダにもグリーンカーテンがしっかり設置できますし、
窓からの距離も突っ張る場所さえあれば自由にできます。
台風などの強風時には、畳んでおくこともできるのでグリーンカーテンの支柱としてはとても使い勝手がいいのでおすすめ!なんですが、
以前は、アイリスオーヤマから突っ張るタイプの支柱が販売されていましたが、残念ながら今は販売していないようです。
※現在は売り切れ※

グリーンカーテンを突っ張りタイプの支柱でやりたかった!と残念に思っているかたにとっておきの情報があります!
支柱のセットはありませんが、あるものを代用することでグリーンカーテンの支柱を突っ張りタイプでやることができます!

エクステリアポール

これは屋外でも利用できる突っ張りタイプのポールです。
耐荷重が20kgもあるので、グリーンカーテンの設置ももちろん可能です。
ポール一本にショートフックが1つついているのでさらに追加でショートフックを購入すれば上下でのグリーンカーテンの固定もできますよ。

ポール二本との間に園芸用ネットを張れば、即席グリーンカーテン支柱(突っ張り)の出来上がりです。

実際にエクステリアポールを使って園芸をしてる人の口コミをご紹介します。

・屋外の突っ張り棒は最初心配でしたが杞憂でした。去年からパッションフルーツ育てています。葉っぱが大きいのですぐにカーテンができるし実もおいしいです。
2本購入してグリーンカーテングリーンカーテンを設置しています。目隠しにもなるし満足です!
ベランダに2本購入して設置しています。まだこれから育てるのですが、今から楽しみです。
・マンションなのでグリーンカーテンの設置場所に困っていました。簡単に突っ張れてよかったです。
・グリーンカーテン用に購入です。今までは2階のベランダから網をつるしていたので2階と1階の往復が大変でした。グリーンカーテンの設置もすぐにできて満足です。

しっかり突っ張るのに簡単に設置ができるので、評価も★4.38とかなりの高評価です!
ショートフックが1個しかついてこないので、上下で止める場合は、2本分の2つ購入するのを忘れないようにしてくださいね!

最後に

いかがでしたか?自立タイプ、アーチタイプ、突っ張りタイプの中で、お気に入りのグリーンカーテンの支柱は見つかりましたか?
形や設置の場所によっても選ぶ支柱は変わります。オフシーズンに支柱をどうするかにもよると思います。
自立型はしっかりしている分、ばらばらにすることができないので、常設することが前提になるし、その分冬でもお花を飾ったりすることができます。
アーチ型は分解できますがしっかり固定をしないと風にあおられてしまうことがあります。
一番おすすめは突っ張りタイプですが、これも上に突っ張れる部分がないと難しいです。
設置場所とオフシーズンはどうするのかよく考えて支柱のタイプを選んでくださいね!

ただ、種から育てるのか苗から育てるのか、何を育てるのかにもよりますが、真夏の暑い時期にグリーンカーテンで涼しく過ごすにはもう準備をしなければけないころです
お店には参考なる写真なども多く掲載されているので一度お店の商品ページをのぞいてみてください!
きっと理想にピッタリくる支柱が見つかると思います。
お気に入りの支柱を使って素敵なグリーンカーテンライフを送ってくださいね!

◆関連商品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする